読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月度 部長の言葉

先日、大青連活動の一つとして、児童虐待防止オレンジリボン
キャンペーン活動に参加しました。

児童虐待件数は正確に実数が把握されていませんが、
児童虐待に関する相談件数は年々増加の一途を辿り、
大きな社会問題となってきた経緯があります。

虐待はいくつかに分類され、一般的な暴力による虐待を身体的虐待と
呼び最も多く、次いで育児を放棄するネグレクトが続き、両者で全体の
約8割を占めるようです。
報道を見ても、ほとんどがこの2種に分類されると思います。

連合会としては、キャンペーン終了後にパンフレットを配る仕事を
お手伝いをさせて頂きました。
年配の女性を始め、サラリーマンの男性や学生風の若者など、
様々な人々に受け取って頂き、また、手を伸ばして自らパンフレットを
受け取る人もいて、世の中の関心が意外に高いという印象を受けました。

会長からの、これで活動が終わりではなく、
それぞれの地元に帰っても活動を続けて欲しいとの言葉を受けて、
青年部としてできる活動を考えていきたいと思います。